ちょっと待って!安いだけでの車検選びは危険

費用が高いのは理由がある

車検を受ける際にどこで受けるか迷いますが、車検を受ける車を販売しているディーラーで受けるのがベストです。ディーラーにはリコール情報が入ってきており、車検ついでにリコール対応をしてもらえます。ディーラーの車検や整備は高いと思っている方がいますが、ディラーでは次回の車検まで安心安全に利用できるよう交換時期の目安が決まっているため、どの整備員が担当しても最高クラスの点検や整備が取りこぼしなく受けられるので決して高くはありません。

車業界は職人の集まり

ディーラーのネットワークは広く、ディーラーでも判断が困難な場合は各種専門工場へ依頼されるため、迷うことなく適切な処置が受けられます。中には初めからユーザーが専門工場へ持っていけばマージンが掛からず得だと考える方がいますが、具体的にどこに不備があるのか判断できないとどこの専門工場へ持って行けば良いのか分からず、また職人気質の専門工場は看板を上げていない事が多く、素人が飛び込みで依頼しても門前払いにあうのでディーラーを通すことがベターです。

ユーザー車検は御得だが・・・

安く車検を受けようとするなら、自身で運輸支局へ持ち込むユーザー車検がお勧めです。本来であれば自動車整備士が検査を行うことをユーザー自身が行うのですから、多少なりとも整備の知識がないと次回の車検まで安心して車を利用することができません。間違えていけないことは、車検制度は運転に適合する状態にあるかを検査するもので、新車時のコンディションを証明する制度ではありません。そのため、流れ作業的に車検をしている業者も少なくはなく、事故を起こせば他人の人生も巻き込む恐れが有るため、費用だけで車検選びをするのは危険です。

車検は必ず受けなくてはいけない車の点検です。この点検を受けていない車は公道を走ることができません。新車の時は3年、その後は2年ごとに受けなくてはいけません。